aruku history
犬は家族です。 そのワンコが脚の病気で苦しんでいたら。。。 一緒に明日を歩みます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏準備
IMG_0489.jpg
おはようさんっ

朝から顔を洗う為・・・

ヘアフェイスゴムを探していたら

息子の仕業・・・

Aちゃんがちゃっかりしてるじゃないの~ぅ。

なんとも。。。

朝から笑えました。

かわいすぎると

笑っちゃいますよね

今年の夏はどうなんでしょう~。

節電も昨年同様しなければなりませんが、

ワンコ達には人間界のルールやニュースはわかりません。

が、暑くて命を脅かすようなことには

なってはいけませんので

しっかり対策を前もって準備しておこうと考えています

普段我が家はワンコ部屋にはコルクマットを敷き詰めています。

これは脚への負担を考慮するとともに

突発的な動作からの怪我も防げる観点から

ずっとこれです↓
IMG_0635.jpg

冬は機密性がとってもあり

お部屋の床も暖かく気に入ってます。

夏はさらさらですし

素足で歩くととっても気持ちいい~。




のですが、




夏本番ともなると

冷たい床やタイル

風通しのいい場所を見つけ

家中を自由自在に徘徊するので

コルクマット以外の

いわゆるフローリング状の場所を

そろそろ夏準備に。

硬い床・・・ご飯の音とともに走って現れ

思わず脚を滑らせたりするのがとっても怖い。。。

でも、涼しい自分で選べる場所へ自由に行き

涼しさを確保して欲しいと思い

夏準備へとなったのです。

そして、

準備したのはこれです。
IMG_0583.jpg

ほんまに滑らない~っ??

ほんまにぃ~??

っと

疑い続けながら

ワンコ達を一時お外へ隔離して塗りました

腰がイタタ・・・です

飼主のこの根性の悪さと疑い深い気持ちをもって

望んだ結果・・・ムラムラです。。。(塗ることに意義があるのさっ)

IMG_0631.jpg

掃除機もして雑巾もかけたんだけど

ワックス塗っている間に

どこからともなく・・・ワンズの毛・毛・

ワックス塗った直後に舞い落ちてきてるもんだから

化石みたいに?いや!ラミネート??みたいに

ワンズの毛毛軍団をうま~くラミネートできました~っ!(ってか、本来ラミネートが目的じゃないはず・・・)

もしも、頑張られる方いらっしゃったら

私からのワンポイントとして

掃除機→雑巾がけ→もう一回掃除機!をオススメしますっ。

塗った感想は。。。

むかーし体育館にワックス塗りたて~になった翌日感

体育館シューズがキュッ!っと止まる感じですかね

うぅ~ん。マンダム~っ!!

はっきり言ってなめてた私ですが

これは大丈夫

あし毛ボーボーのAちゃんにあっちこっち行って

お試し走行してもらいましたが、

ハンパないです。

これが道路の一旦停止にあれば。。。

私は恐らく何度か~・・・などと

よからぬ事を考えてしまったのですが

結果すんごい効き目です。

もちろん板材以外にも使用できました。

IMG_0634.jpg


お次の、夏準備なにしよっかな~っと考えるここ数日です。






暑いよね~。
              暑いよね~。
                           でもその布団の使い方まちがってるよね~っ。。。Cちゃん

IMG_0506.jpg

スポンサーサイト
つぎはこれ。
週末は、人間の息子の運動会へ・・・

人ごみにいるだけでものすごく疲れました。。。

今週末は人間の娘の運動会だわっと。

春はどうやら体力勝負の季節なようです。

そんななか、運動会前日

旦那はいそいそと

ワンコ達の散歩も私一人におしつけ
(いつもの事でしたっ。)

ゴルフとやらのコンペへ早朝うれしくして出て行ったのよ。

こんな日には自分で起きてさっさと用意できるのだって

薄目をあけて見ていておもいまいしたよ~。(このやろ~ぅ)

参加するからには何事も一生懸命楽しんでこいっっ!と

薄目を開けて寝ているフリをして

心の中でつぶやきました。

そして・・・




コンペ結果は
IMG_0552.jpg


許してしんぜよう~ぅ

そして、賞品はこちらでした。
IMG_0554.jpg

こっこっこれは・・・

自分が散歩をサボった分

私に後ろめたさがあったのか!
(そこのところ微妙です)

かわいいわんこ達のためにパンパンに張ったふくらはぎを

労わって優勝ではなく

なんとこの景品のとれる準優勝~。

でかしたぞッ!旦那くん。

次も私のためによき賞品の順位を狙って

出場したまえッ!(すっかり私の機嫌も直ったので旦那くん的には一安心・・・)

そんなこんなのうっぷんがたまった日には

買い物に限ります

わたしのいいものセレクションで申し訳ないのですが・・・

気が向いたら見てください!





まずは~コス〇コに前に行った際これ目的で行きました。

ではでは~こちらです。

IMG_0544.jpg

ずっとっず~っとねらってたのです。

マジックブレット デラックスC

ミックスジュースもあら?簡単!

中身もほらね~

IMG_0546.jpg

この充実ぶり。

私の料理に使うのもありなんですが、

じつはこれ。。。

ワンコ達にもって来いなんです。

煮干(ハラワタ・頭はとること)は二番だしまでとったものを天日で乾かし

これでミキシング~。

塩分のないカルシウムをドッグフードへ粉のふりかけでトッピング。

同様にサプリメントなども

数種類をブレンドし

粉サプリミックスにしてそれもふりかけたり

きたる未来・・・介護や病床生活になったときのために

ドライドッグフードもあっという間に粉状に。。。

流動食にスープで割ればなるし、

生肉ブロックをペーストにできます。

口の中へ運べばつまらないし栄養は取れるだろうし。

同時にお薬も一緒にミキシングして

美味しいご飯を最期まで食べさせてあげれるのです。

これだけあれば

人間用・動物用カップでじゅうぶん分けれるしで・・・

我が家の人間の娘にも。

ちょっとBenピ気味なのでバナナジュースを

飲ませれるのです。

場所もとらないので

これから夏にサワーやカクテル・焼酎に

クラッシュ氷が入れれて

今はコーヒーメーカーの置き場に

これがバトンタッチしております。




それから~。。。

お取り寄せで~もう一品。

田舎暮らしにつき

都会のお菓子に憧れるのですよ~。

これは大好き~。

前まで行かなきゃ買えないだったはずですが

なんとネット販売がありまして~

ついつい・・・おとり寄せ。

送料かかってもなんのその。

ここからの運賃考えたら断然お得だしぃ~って。

案外田舎向けのお菓子でがっかりしないでください。

私こうゆうの大好きなんですぅ・・・

IMG_0617.jpg



IMG_0618.jpg芋ようかんっ



IMG_0620.jpgぎっしりと入った芋ようかん


皆様にお味がお伝えできないのが残念でなりませんが

いただきますっ

IMG_0623.jpg


う~~~ぅん★

デリシャス!芋ざんまいでした。




買いまちた。
ちょっと前に

アウトレットモールに行ってきました

あんまり好きなお店が入っていなかったのですが、

やっぱりワンコ好きは

ついついワンコのグッズの飾ってるお店へと

入ってしまう・・・





その結果。

Bくんの新しいハーフチェーンカラーとリード

買ってしまいました

素敵なビタミングリーンで

私的にはgoodでした

IMG_0498.jpg


他にももういっちょハーフチェーンカラーと

2頭引きのリードを。


IMG_0497.jpg

ますます我が家のワンズ達が可愛くなっちゃうっのである。。。


それから・・・
前の記事では・・・

力強いお言葉をありがとうございました。



悲しくなってむなしくなって・・・

でもいろんな場所にこの病気で苦しんでるコがいたら、

参考になればと。。。



がんばります。



それでは、それから~を・・・

結局その父犬オーナーと訓練所と獣医の

トライアングルのような

密接な関係のところへ

かわいいBくんを診察してもらいには行ったのですが、

もちろんこのレントゲンを持ち

後に日本でトップクラス腕と実績の動物整形外科へ行って

納得できる診察を自分自身とこのコの明日のために

診察お願いしました。

前に行ったなんちゃって獣医には、

月に高~い5万円ほどするサプリを薦められたりもしましたが、

振り切りましたよ~。


そして、

私が選んだ病院は

ファーブル動物医療センターです。

そしておこがましくもここの院長先生の

山口先生に全てをお任せすることにしました。

こちらの山口先生は知る人ぞ知る

動物整形外科医のトップクラスの先生だとも

言われています。

ある方の御紹介より

我が家の脚に異常のあると思われる2頭を連れて

この先生の病院へと片道3時間かけて

通うことを決意しました。

が、全国にはこの先生の診察を希望される方が

沖縄から~その前は北海道・・・関東・・・やら。

ほぼ毎日毎日県外から他県のプレートナンバーを

車体にとった車が何台も来ていました。

皆、飼主愛犬たちの未来に希望の光りを見失っていない方ばかりだと。

完全予約です

それもありがたかったです。

他のワンコにうれしくなって二本足で立ち上がったり

急旋回したりをもう極力させたくない状態でした。

我が家の我がコだけの時間。

診察室で話すこと10分。。。

話しながらBくんの様子を観察してくれてる様子でした。

レントゲンを撮る前の触診。

歩様チェックなどなど。

じっと先生は何も言いません。

レントゲンもあの前回行った獣医とは比べようもないほど

しずかにさっと。(素晴らしく早く綺麗に撮れていました)

Bくんも看護婦さんに連れて行かれ~

怖がってる?っと思っていたにも関わらず

へらへら顔~で戻ってきた・・・

最初っからここへくればよかった。っと後悔ばかり。

謎の前に行った獣医の撮ったレントゲンも

この先生に見せたのですが、、、



笑った。。。



そしてそれを見て、『よくわからない。。。』って。



さらに私が前回そのよくわからないレントゲンを撮った獣医に

言われた言葉をまず聞いてもらったのでした。



『4ヶ月の時点で股関節形成不全だと言われ

亜脱臼気味。そしてさらに膝の蓋骨脱臼だとも言われ

筋肉がついてきたら自然に戻るから

しっかり運動かけて筋肉で脱臼した骨を

大腿部へ入れていけばいいって言われて

今になりましたが治るどころか

歩行すら困難になってきて・・

どうなんでしょうかって・・・』七ヶ月半時点






数秒後・・・先生失笑。

そして先生の口から。



おそらく、この時点で手術していたら

このコは今にまでひどくは

ならなかったであろう。

進行を防ぐ為の選択肢が

多く存在しました。

が、今となってはもうあと1個しか選択の余地がないことを

伝えてくれました。

淡々と・・・

でも端的に。

冷たい診察と思われる方もいらっしゃるでしょうが

痛みを毎日感じて暮らしてる我がコを

毎日毎日一緒に暮らして見守ってきた飼主にとっては

この率直であり、飾らない真実の言葉が救いの言葉であったのは

間違いないです。

本当の今の状態そして今後どうなっていくかを

説明してくださり

この先生に我がコをたくし

この先生に従うことを決めました。

決して手術を推進しているわけではなく

するならばこの術式で術後の回復状況や

デメリットや失敗例など。

この先生は技術では失敗はしませんが

固体自体の免疫や生命力や犬種のもつ筋肉の強化度など

事細かに全国で1・2の技術と実績があるだけに

多くの症例を同時に教えてくださりました。

見た目はちょっと怖いのですが。。。やさしいです。

でもウソがない先生ってわかります。

言葉に期待もさせないし、

最終は飼主の判断に一任するという

腕に自信のある先生が言われるであろう

未来を見据えての言葉の多くでした。

そして、

この話の最期に

きっとこのコもっと明るいしょうねぇ~。って。

痛みを抱えているコは

その痛みから日々逃れる事ばかり考えていて

本来の性格とはかけ離れた性格になっているそうです。

痛みがとれ、

思うように脚が運べるようになる。。。

それだけでものすごくやさしくあかるく楽しみだすそうです。




この言葉で決めました。

我が家のBくんを手術していただく事に。

術式は  『骨頭切除術』です。




人工股関節はもうすでに脱臼の進行が進みすぎ

間に合いませんでした。

いろいろなうわさも聞きますが、

大丈夫だともおっしゃっていました。

骨頭という箇所を切り取るという

骨同士が当たらないで

神経からくる痛みを感じないで済むので

犬にとったら痛みがなくなるので

一生あるのとないのでは違ってくるし

この病気は進行を止める目的です。

ほっとけばどんどん次へつながる症状が進行していくそうです。

骨同士がぶつかりどんどん正常な形成部の骨形状を

壊してゆく・・・


そして、この術式。

どこの病院でも出来る技術のもの、

ですが

脚の仕組みをよく知らないでこの手術を行うと

神経を切ってしまったり
 
後の復活に必要のある筋肉組織をもまで断裂させてしまったり

後遺症(なかなか治らない)が残るそうです。

たった通院3時間で(往復6時間)

脚のすべてを知り尽くした先生が手術してくれるのならば

私は信頼のおける技能と能力のある

この先生に

我がコのaruku未来を託しました。

<術後 5日>
骨頭切除術後の傷口

痛々しいものですみません。

皮膚の炎症もなく

傷口も必要最小限のぬい口です。

縫合も綺麗だと思います。

この頃はまだ毎日3回の

ホットパックとアイシングをしています。

無理に関節や稼動域をひろげるためのストレッチ等は

行いません。(素人はしてはいけません)

じっとじっと傷が癒えてゆくのを待つだけです。

毎日毎日やさしくさすりながら

『がんばってね~、よくがんばったね~、きっと治るからね~、がんばれ~がんばれ~』

っって

念仏のように唱えてさすっていたのを覚えています。

術後


これから、どうなっていくんだろうと

先の見えぬ恐怖とも戦いました。

あとは神様のみぞ知るですね。

飼主にできる事、

それは飼主にしかできぬ事。

これは手術といっても治る為の手術ではないものです。

が、我がコにはもうこの選択肢しか残されていませんでした。

だとしたら、

私はじっと見ているだけはできませんでした。

これが良いとも悪いとも言えませんが、

痛みがなくなり決定打の言葉通り

今ではチャラ男かぁ~っというくらい

デレデレした顔でお散歩も走ったり飛んだり

言葉の意味・・・ようやくわかりました。

明るいです。

笑って、にっこにこで、走って自由に

しあわせっっかも。





みなさんへ・・・

もし痛みがあるようであれば、行きなれた町医者さんもいいのですが
こればかりは人間も同じで皮膚科の先生に内科を看てもらったり
口腔内のことを眼科専門医には診てもらわないと思います。
その種の専門的知識を持った実績のある獣医師へ
正しい診察と正しい治療法を見極めてもらうことを
お勧めします。
それが一番の早道であります!

追伸:初めのなんちゃって獣医の膝蓋骨脱臼は
   ファーブル動物医療センター 山口先生 『そんなん、ないよ~ぉ。』でした

全国の動物整形外科の良い先生の情報もお待ちしています。



もうすぐ一年。。。
先日。。。

こどもの日に家族で外食してきました。

携帯フォト

もつ鍋久々でした。

でも、やはりだんだんとお肉類は

量が食べられなくなってきました~。。。

食べたいんだけど

胃袋の税関が・・・厳しいので。

お肉を食べて気持ち悪く感じるタイミングが

どんどん早くなっているように思えます・・・最近。







もうすぐ、

我が家のBくんが骨頭切除術という

手術をしてから一年が来ようとしています。

これは、術後次の日(2日目)の画像です。
術後2日目
まだ、立派なタマタマがぁ~~・・・

この時点でBくんは8ヶ月でした。

まだ幼い・・・

でもまだこれからって・・・

幼く本来ならいろんな物に興味を持ち

いろんな遊びやいろんなところへ連れて行ってやれる時期

彼はこの時期、股関節形成不全からさらに進行の進んだ

股関節脱臼に陥っていました。

どんな事をしても痛み

どんな物やどんな音にももの凄くおびえ

生きていく楽しみを感じられない動きをしていたのを

覚えています。

大げさに思われるかもしれませんが、

これが私自信感じた率直な想いです。

トイレをするにも

ご飯を食べる為立ち上がる時も

散歩も痛みが多く出現し

本当に小さな歩幅でチョボチョボと・・・

小型犬の子達でもきっと10分もあれば歩ける距離を45分~1時間かけて

4~5歩歩いてはまた立ち止まり。

また3歩ほど歩いて座り込み。

まだたった8ヶ月しかこの世に生まれてきて歩き始めたばかりの脚が

どんどんと痛みとともに自信を奪っていったように思えます。


記録1:生後4ヶ月 (後脚のウサギ跳び出現)(まっすぐ歩けない)(座ることが多い・大人しいと勘違い)

犬訓練所と父犬のオーナーの指定する

動物病院に行くことを薦められ

動物整形外科へ行く事に。

今になり考えると少し変だなと思う節が多々あります。

そこ(指定される動物病院で股関節のレントゲンを整形外科専用のレントゲン施設ではない)で

レントゲンを撮りわかっていたことではあるが

股関節形成不全と亜脱臼

そしてさらに何故か膝のお皿の脱臼といい下されました。

そのレントゲンが専門科ではないため

もの凄い暴れ方を奥のレントゲン室から音が聞こえていました。

これが原因で彼は人間も病院も

全てが怖く痛い体験でしかなくなってしまったのです。

父犬オーナーがさらに念を押すように

獣医にこう訪ねました。

『これって、先天性じゃないですよね~。』

獣医は『はい。後天性じゃないかな。』

『先天性じゃないんよな~。』

『はい、もちろん後天性です。』

このやり取りを2~3度聞かされ

おそらく私への裁判や保障を予測しての

お膳立ての診察に思えてなりませんでした。

そんなことして人間やってて楽しいのかな~って。

苦しくって悲しくっていたくって辛いのは

紛れもなくこのコ・・・



ちょっと思い出しながら記憶をたどっているうちに

もの凄く悲しくなってきてしまいました。

すみません・・・

今日はここまでしか書けそうもない。

こんな過去がありましたこと

お伝えいたします。<記録1>

                     次回に続く・・・


すこしづつ御紹介
近頃の待ったなしの気温変動に

とうとう我が家の息子も

喉の痛みと発熱に看まわれてしまいました

みなさんも、体調管理に気をつけてくださいね



さて~。すこしづつ

我が家のワンズについての

自己紹介っとまではいきませんが

お話をしていきたいと思います。



まずは、Aちゃん

やさしい我が家のアイドルです

一番最年長でかしこ~いAちゃんに

家族はもうメロメロ

ちょっと皮膚と心がデリケちゃんですが、

唯一脚に病気はありません。

ですのでいつもこのAちゃんの動きを

参考にしています。





そして続きましてへタレ担当のBくんですが、

早い時期・生後8ヶ月で

両脚の股関節形成不全の為

股関節を脱臼しており

歩行が困難になり

骨頭切除術(まずは右足)をしました。IMG_0496.jpg

今ではちゃんと綺麗なおすわりもできるようになりました。

幼少期に脚に痛みがあったせいか

なんでも怖がってしまいますが、

それはそれでとっても可愛い個性であって

B君にはいつも癒しのオーラをいただいてます




最期のワンコですが、

う~~・・・ん。。。極悪なCちゃんIMG_0483.jpg

Cちゃんは、現在後ろ脚の左膝の前十字靭帯を

今年2月断裂しました。

その直後Bくんを手術してくださった

動物整形外科専門医にて

手術を早急に行っていただきました。

あまりに極悪な為・・・

入院を受け付けてもらえなかった悲しいSAGA

でも、Cちゃんのことが一番わかっているのは私なので

術後ずっと傍にいてやれてこれでよかったと思っています

ただ今の時点で術後もうすぐ3ヶ月で

まだまだ本格的な完治状態になってはいません。

写真にもみてとれるよう、にっこにこで

常に極悪なことを考えながら散歩に出るCちゃんと

散歩にでてリハビリしますと

とてもデンジャラスで仕方ありません・・・







っといいうわけで

我が家のワンズについての

あっさり自己紹介でした (ジャブ!ジャブ!!)


5月にふさわしく
ゴールデンウィーク。。。

皆様は楽しまれたのでは??

我が家はといいますと・・・

5月らしいところへ

ゴールデンウィークの最終日に行ってきました。

どこかって??

それは




動物病院です。

決して病気になったわけではありません。

この度の使命は・・・

狂犬病予防接種×3頭=3000円
フィラリア抗体検査×3頭=4500円
フィラリア予防薬9ヶ月分×3頭(ミルベマイシンA)=21000円
狂犬病

ありがたいような、ありがたくないような~・・・

でも、一年の行事の一つなので。

大型犬が3頭もいれば、

お値段ももれなく3倍です

その代わりといってはなんですが、

レシートも安心感も3倍になるわけで・・・

なんとも歯切れの悪い飼主

IMG_0517.jpg



狂犬病予防接種3頭分・抗体検査3頭分・フィラリア薬(ミルベマイシンA9ヶ月分)

1頭分の合計10030円 なり・・・

IMG_0515.jpg



気持ちはこころの持ち様です!!

こんなもんでかわいい我がコ達を防げる病気から防いであげることができるのなら

お安いもんですっ・・・ねっ

っというわけで

我が家のこのゴールデンウィークは

かわいいワンコちゃん達のために

一万円札を三枚も使って締めくくりました。
                  (他にどこも行けてません・・・)by 往生際のわるい飼主デツ






みなさんも、そろそろ・・・ですね?!(←なにがじゃっ!)

っということで我が家のゴールデンウィークのおはなしでした~
はじめまして・・・
はじめまして。

我が家には脚の病気の大型ワンコがいます

股関節形成不全の手術をしたコと

膝の前十字靭帯断裂し手術したコがいます。

少ない情報や知識の中で

毎日一生懸命この子達の脚になり

手探りの中生活しています。

明日も明後日も・・・

ずーっとずーっと先の未来も

愛するコの元気に歩く姿が見たいと

願う毎日です。


病気をかかえて暮らすワンコと

その家族が

もっと多くの情報や悩みや苦しみを

話し合えたり・・・

分かち合えたら・・・と思い

このブログをはじめさせていただきました。



みなさん。   よろしくお願いいたします


(なお、私は整形外科等の専門家ではありません。一飼主として、考える事・心配事・相談事を記すものです。                                             
                                                             あしからず。。。)







プロフィール

モヒコ

Author:モヒコ
我が家の可愛いワンコ達!
花もいろんな花があるように
ワンコにもいろいろあるんだね。
きっと多くの困難がこの先立ちはだかっているであろう未来へと、
我がコ達を守りながら明日への道を
ゆっくりゆっくりと歩んでいく
history。

飼主<モヒコ>
・ワンコ大好き人間。
・子供の頃は獣医になりたかった夢を持つ。
・石橋を叩いて渡るタイプ。
・可哀そうな飼い方をしている人を見るとついつい口を出して注意してしまう。
・レバ刺しが大好きだったのに
 食べられなくなった事に不満がある。

旦那<ピコ>
・ゴルフ好き
・ラーメン好き
・愛読書:ワンピース・スラムダンクなど
・レフティー
・FULLフェイスのメットが欲しいらしい

人間の子供2人ⓀとⓈ

犬の子供3ワンズ(紹介)
<Aちゃん>
とってもお利口。ママが好きすぎて、分離不安になりそうなくらいママを追い回す。

<Bくん>
手術歴:去勢手術、右大腿骨頭切除
とっても臆病なコ。ハウスの入り口に頭を自分でぶつけてそれから入り口恐怖症に。道路の色が変ったとこは必ず数分 前・後に格闘。とぉーちゃん大好きなへタレ王子。

<Cちゃん>
手術歴:避妊手術、左前十字靭帯修復術(TTA)
一言で、むちゃくちゃ。この性格ではどこへ行っても嫌われる・・・デンジャラスgirl。猛烈に気が強く、恐らく売られた喧嘩は全てかうと思われる。常に仰向けで寝るその意味は・・・



最新記事



カテゴリ



最新コメント



月別アーカイブ



今までご訪問して下さった閲覧数



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



検索フォーム



愛読リンク集

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。